神は細部に宿る

| EDIT

どうも、子供たちが宿題を終わらせるように奥さんに頼まれ自宅で目を光らせているnoriyangです。

まあ、自分とかはよく宿題なんかぶっちぎって遊んでいたものでしたが。
さてそんな子供たちの横で遊んでいても説得力がないので、自分もちょっとばかしお仕事というかデザインイラストの復習をば。

自分の場合は特に誰かに教わって勉強というのはやっておりません。
もう現場でガンガンやっていて覚えたというのが多いですね。
パースとか透視図法とかデッサンとか?状態が沢山でした。
これじゃいかんと、色々本などは読みまくりましたが。

さて時間がある時には基本に戻るかということでまずはベルトのデザインのラフから

ベルト1
ここから
ベルト2
金具をつけて
ベルト3
革の質感を。
ベルト4
そして、色付けです。
ベルト5

どうでしょうか?
かなり完成イメージが想像しやすくなったのではないでしょうか?


「神は細部に宿る」(意味はこちらを参照してください)とよく言われるように当工房でもそんなところまでというなこだわりをもって仕事をすすめております。

ペンシース

よくコバ処理が難しいという声を聞きますが、丁寧に仕上げていけばこの通り。
(ちなみにこのペンシースは3回イチから作りなおしていたり)

さて、この「神は細部に宿る」ということばを調べていたら面白い記事があったので御紹介。

ジブリの仕事のやりかた


いやー、勉強になります。

ではでは。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村  
にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

Category: イラスト

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。