種類は英語でタイプっていうのさ!(革命ロック第5回)

| EDIT

第1回の記事はコチラ    第2回の記事はコチラ
第3回の記事はコチラ    第4回の記事はコチラ


[広告] VPS


俺の名は革知 理(かわち さとる)
職業は編集者。ひょんなことから、何故か今は某工房で革職人の見習いをやっている。
早くこのシリーズがヒットして本業の編集の道の戻らないといけねえ。
そんなわけで、『革命ロック』第5回はじまるぜ。


69「なにを馬鹿やっていやがる。か~わしり」

革知「とっ、とっちゃっ~ん」

69「誰が『とっちゃっ~ん』だ。しかも、てめえの一人称は『僕』だろうが。キャラ設定間違えるなよ」


革知「(・・・・・キャラ設定って『厨二病』じゃないんだから)」

69「おら、買い出しいくから運転しろ」

革知「すごい、もしかして69さん。このフィアットが社用車ですか。ルパンみたいじゃないですか!?」



69「馬鹿野郎、こっちだこっち。社用車なんてもんは燃費が一番だろうが」



革知「いや、たしかにマーチはイイ車ですけど、ほらイメージとかあるじゃないですか」

69「そんなもんはいらん、実用ありきだ。まあフィアットを買ってくれるっていうんなら喜んでもらうがな。ほら傷つけんなよ」


走りだすマーチ。運転席でハンドルを握る革知。

革知「とっちゃん。ではなくて師匠。折角なので道すがら、ちょっと御質問を。今回のテーマは、『種類』についてです」

69「なんだ、そんな質問か。とりあえず、前見て運転しろよ。
  まず、ビールだな。そして焼酎、日本酒、ワイン、ブランデー、ウイスキー、ジン、ウオッカまだまだあるぞ」


革知「それて、酒類て書いて『しゅるい』ですよね。しかも『さけるい』だし。僕が知りたいのは『革の種類』です。タイプです」

69「なんだ馬鹿野郎。『革の』なんて一言も言ってねえだろうが。ちゃんと主語を言え、主語を」

革知「(・・・・・・屁理屈を。会話の流れで汲んでくれても)すいません、では『革の種類』についてお願いします」

69「おおっ、まずよくつかわれるのが牛だな。こいつが王様だな。まあ牛肉みたいなもんだな」

革知「牛革にも種類があるんですよね?」

69「あれだな、生後何カ月とかで分けるな。成長していく過程で皮の硬さが変わっていくから、作るものに応じて革もかえていくもんだ。まあ、細かく分けると長くなるからな。そいつは自分で調べてみろ」


革知「どっかに、いいサイトありますか?」

69「ここがいいな、まだ工事中のところが多いが将来的に楽しみだぞ。ええっと、URLは確かここだ。
  http://rockproject.web.fc2.com/」


革知「今メモ出来ないんで。後でまた。その他にはどんな動物の革が」

69「そうだな、馬だな。馬肉だな、馬肉。ちなみに俺は馬刺しが好きだ。
 馬革の代表的なものに『コードバン』と呼ばれているものがある。
 こいつは馬の尻のところからとれ強靭な繊維をもっている。
 だが、1頭から2枚しかとれないのでかなり稀少な革だな。特別な存在でもあり革の宝石ともいわれているくらいだ。
 臀部の中心部分で形が眼鏡に似ているから『メガネ』ともいうな。
 ちょうどお前みたいだ。そうだ、次からは『コードバン』と呼ぶようにするか?」


革知「つつしんで、御遠慮します」

69「その他だと豚、ヤギ、鹿、ヒツジ、蛇、エイ、ワニ、トカゲ、ダチョウ、ウサギ、珍しいのでは象もある。
  皮がハゲれば大抵のものは出来るな。鞣せばいいんだからな」


革知「そんなにあるんですね、さすが良く知ってらっしゃる(ちょっと、見直した)」

69「ふんっ、こんなもんは常識だ。ほら、そこの店だ。止めろ」


革知「しっ、師匠。ここって酒屋さんでは・・・・・・」



69「そうだが、なんだ?」

革知「いえっ、てっきり革を買いにきたんだと」

69「誰も革を買い出しに行くなんて一言もいっていないぞ。
 ほら行くぞ、試飲しないと味が分からんからな。
  ああっ、お前は駄目だぞ。運転手なんだからな」



革知「僕のさっきの『見直し』を返してください」





(※注  この物語は多分フィクションであり実在の人物及び団体とは一切関係ありません)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村  
にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Category: 雑談

COMMENT

No title

鹿の革の手袋が好きです。

Darth+al殿下 #JalddpaA | 2011.09.30(Fri) 20:40 | URL | EDIT

No title

まっ・・・まさか・・・・
このスーパー工房アクセだけでなく
この商用車マーチ様のフロントグリル改造して
ちょっと大きめのフィアット改にするんじゃ・・・
いや、この匠集団(いったい何人からが集団なのか?)なら
やりかねない・・・

そういや~昔、クラウンのグリル改造してベンツマスクにするって
改造はやったな~~~
RX7をコルベット風に改造してコルベッティとか

そうそう
シル180や逆の180シルなんてのもあったぞ~

最近だとハイエースやサンバーのグリル改造して
ワーゲンバスもどきか~

なんでも改造は楽しいな~

なんちゃっておやじ #- | 2011.09.30(Fri) 21:31 | URL | EDIT

No title

>殿下

当工房、馬と鹿みたいだなとよく言われます。

>おやじ殿

改造は漢の浪漫です。
そのうちサイボーグを制作したいと思っております。

ちなみに、革を使用して古くなったバッグ等も改造等いたしますので
なにかあれば御相談ください。

ではでは、ようやくアルコールが抜けてまいりました。

noriyang #t50BOgd. | 2011.10.01(Sat) 11:46 | URL | EDIT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。