ダレスバッグ制作過程(ルガトー篇)Rart1

| EDIT

どうも、昨日調子にのって夜にブログをあげていたら本日寝坊をしてしまったnoriyangです。

さて今回はダレスバッグとかどうやってつくるの?という質問をいただきましたので、
当工房なりの作り方をUPしていきたいと思います。

とりあえずでは必要なものは時間と根気!!
以上です。


なんて書いてたら怒られてしまいますので、詳しい作り方の説明にいってみましょう。

まずは金具の寸法を測り、設計図をおこしていきます。
CADとかは使わずに手作業で図面にひいていきます。

金具寸法

今回は30cmタイプのモノをつくっていきますので、それに合わせた金具のサイズです。

その前に出来あがりのイメージをおこしておきます。
↓のは前回作成したダレスバッグのイメージ。

イメージ図

ちなみに完成品はこちら。

正面

では、採寸した金具を切断しドリルで穴をあけます。
今回は加工しやすく軽いアルミを使用しています。
ドリル!!

ここからは外に出て作業です。

サンダー

金具のふちにアールをつけるためサンダーで削ります。
しっかりと軍手と防護ゴーグルをして怪我をしないように。


曲げる

で、切った金具を曲げます!!
この時に必要なものはズバリ気合い!!

ふんぬー

フンヌーーーーーーーーーーー!!

完全に力技です。

革細工ってはっきりいって力がいります。
金具曲げるとか、大きく革を切るとか。
これから初めようと思っているかたには、トレーニングをお勧めいたします。

さて、今回はダレスバッグ金具制作の手順第一回でした。
まったく革に触っていないのにお気づきでしたでしょうか?

定期的に制作手順をUPしていきますので、細かくブログをチェックしてみてください。

ではでは。


ランキングサイトに登録しました。目指すは頂点!!
↓クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。