レザークラフト教室 腕時計ベルト篇Part1

| EDIT

どうも、せっかく描いたイラストのメモ帳を忘れてそれを探すのに一苦労したnoriyangです。

ちなみに、そのイラストはこちら。

黄色い人

一部で好評のパワーストーン紹介コーナー『パワ☆スト』の登場キャラの一人です。
近々UP予定だったりします。

さて本日はゆか部長の動画を見て、お問い合せを頂いた腕時計のベルトを作りなおす教室でした。



こちらの方も昔使っていた腕時計の時計部分だけを使って、お色直しをするということに。

今回はバングルタイプではなく、金具で留めるタイプにしたいとのこと。

いらっしゃる前に、まずは道具の準備です。
道具準備

手間に二つ並んでいるのが、直したいもの。
女性のお客様でひとつはお母さん用に、もう一つのは金属が服を傷つけたりするので革ベルトにしたいとのこと。
部品

まずは金具とデザインを考えて、型紙をおこし革をそれに合わせて裁断します。
革はシックに行きたいとのことでしたので、ルガトーの紺を使用です。

トコ処理

まずはトコ処理。
この間vodka氏はキッチンで調理中。
料理中

そして、裏面を染めます。

染める

とここまで来たところでランチタイム。
本日はオムライスです。


オムライス

大抵、教室の時にお昼をまたぐとvodka氏特製の料理がでます。
これも、当工房の教室の楽しみだったりします。

犬と

ランチ後ちょっと、犬と遊んであげて後半戦に投入です。


面取り2

面取りをして

コバ処理1

コバを仕上げていきます。

そんなところで本日の作業は終了。

作業終了

あとは接着、菱目ウチ、縫い、仕上げ等となります。
次回は日曜日にいらっしゃて完成を目指します。

今回のお客様も革細工は全くの初めてということでしたが、なかなか上手に出来ているのではないでしょうか。
自分の最初の頃なんか、ゲフン。ゲフン。

やっぱり何でもそうですが、教えて手本を見せてくれる人が近くにいるだけで全然違いますね。
革細工をやってみたいけど、なんだか勇気がという方は是非御相談ください。

簡単な小物から財布、もしもやってみたいと思うならばダレスバッグまで当工房で一緒にチャレンジしてみませんか?

ではでは。

ぽちっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。